ネットワークビジネスで海外への道 インターネットで副収入獲得!

ドイツにおけるネットワークビジネスの始まり


以前からドイツ(旧西ドイツ)にも
ネットワークビジネスと似たシステムがありました。

1949年ハンブルクの靴屋ヴェルナー・オットーが、
靴を店頭で販売するだけでなく、この会社では
靴以外の商品も扱う通信販売を始めました。

Otto Versand です。

商品カタログを作って配り、購入してもらうと言う販売システム(SB方式)です。

会員は、商品を卸値で入手して愛用できると共に、
さらにこれらの商品を友人、知人などに販売 することによって
収入(6~14%のマージン)を得ることができました。

つまり、消費者が販売者を兼ねるネットワークビジネスの仕組みと同様です。

SB方式のもう1つの特徴は、その組織構成にありました。

地区リーダーとしてSB会員を指導する本社の社員がおり
この人たちがSB会員をリクルートし、その管理指導をすることで収入を得るシステムです。

 

地区リーダーの収入は、自分が管轄する地区内の商品売上高によって毎月変わっていました。

これらの地区リーダーの上に100人のディストリクト・マネージャーがおり、
そのさらに上にマネージャーを管轄する9人のブロック・マネージャーがいました。
これらのマネージャーの収入も全て歩合制でした。

このようなオットー社のマーケティング システムにも
MLMの原形を見ることができます。

「消費者が販売員も兼ねる」システムが、MLMの原点です。

企業側に大きな資金を必要とせずに
商品の流通販売が可能になります。

これが、新しいマーケティング理論として認識されはじめました。

1960年頃から
アメリカ資本のMLMがドイツにも上陸し
中には悪質な「雪だるま方式」や「ピラミッド方式」の会社も出現し
多くの被害者を出しました。

1980年代になって
ドイツ資本のMLM企業も出てきましたが、
アメリカ資本企業に押されてそのほとんどが消えていきました。


その中で現在も残っている最大の企業は、
LR International (1985年創立) です。


10万人のディストリビューターを有しています。

このページの上部へ

プレゼント中です♪


ご自由にダウンロードしてください。
「挫折してしまうもう一つの原因」
~心のメカニズム編~
無料レポート
↓↓↓↓↓↓↓↓

seiko.program.2015.jpg

★〜夢に向かって
その第一歩を踏み出そうとしている『あなた』と
ご一緒にビジネスが出来たら嬉しいです〜★

初心者でもMLMで成功出来る
ネットワークビジネスノウハウをご紹介中です。

ビジネス資料(無料)をご希望の方は
この蝶をクリックして下さい。

mlm-network-business-shiryo.jpg

 

プロフィール


natsumi-NB-kaigai.2015.jpg

グローバルにネット生活謳歌中
サイト管理人の遠藤です。


海外(ドイツ)生活30年以上の子育て引退主婦です。
大病後はもっぱら趣味としてゴルフ、ピアノ演奏、麻雀を楽しんでいましたが、インターネットを利用したネットワークビジネスに出会い
人生が一変しました。
全くのMLM初心者だったのですが、在宅ビジネスとはいえ海外在住でも地球上の何処にいようとも
PCさえ持てば日本語で副収入を得られるので毎日楽しく充実した生活を送っています♪
インターネットを通して世界中にお住まいの方々との交流も生まれ、刺激を与えられています。
MLMに感謝!
只今インターネットを使ったNBで
将来・老後のゆとり生活を目指し奮闘中♪

★〜夢に向かって
その第一歩を踏み出そうとしている『あなた』と
ご一緒にビジネスが出来たら嬉しいです〜★

初心者でもMLMで成功出来る
ネットワークビジネスノウハウをご紹介中です。

ビジネス資料(無料)をご希望の方は
この蝶をクリックして下さい。

mlm-network-business-shiryo.jpg

お問い合わせ


私が参加しているネットワークビジネスの会社や製品
又は、グループについてのご質問・ご相談などを受け付けております。

無料のビジネス資料請求をして頂きまして
その資料をご覧になりながらご質問やご連絡を送信下さっても結構です。

メールでのお問い合わせは
お気軽にこちらからどうぞ。

 <<メールが届かない方へ>>
お問い合わせをいただいた方の中で
ときどき「お返事が届かない」とご連絡頂くことがあります。
yahoo!メールをご利用の方に多いようです。

こちらからは24時間以内にお返事を差し上げるようにしております。
万が一届いていない場合
(yahoo!をご利用の方はyahoo!迷惑メールBOXもご確認下さいませ)
お手数ですが再度ご連絡をお願い申し上げます。